ホーム > よろず相談室 > 【No.1】 コバルトの作業環境測定

【No.1】 コバルトの作業環境測定

Q:タングステンカーバイドの加工を行っている屋内作業場で、材料中にコバルト
含有されている場合は、作業環境測定は必要なのか?

A:平成26年1月1日から測定が義務化されます。

対象となる業務は、コバルト及びその無機化合物で重量の1%を超えて含有する製剤その他の物を製造し、また取り扱う屋内作業全般(一部適用除外)です。 作業環境測定の実施は経過措置中ですが、平成26年1月1日から義務化されます。



関連情報
>>【ミヤマ株式会社】作業環境測定
>>【厚生労働省】労働安全衛生法施行令及び特定化学物質障害予防規則等の改正について

>>【ミヤマ株式会社】原因究明分析

ページの先頭へ