ホーム > ミクロ探偵団 > 山芋に潜む鋭い針

山芋に潜む鋭い針

みなさんは山芋を調理するとき、手が痒くなるといった経験がありませんか?
この痒みの正体は「シュウ酸カルシウム」というもの。山芋の皮付近に多く含まれる成分で、皮を剥いたり擦ったりすることで組織が破壊されます。このとき針状結晶のシュウ酸カルシウムが皮膚に付着するとチクチクと刺激を与え痒くなるということです。

しかし、シュウ酸カルシウムは酸に弱いので皮膚に付着してしまった場合は水で薄めたお酢やレモン水で洗い流すと痒みが早く取れるそうです。

ページの先頭へ