ホーム > ミクロ探偵団 > 敷き詰められた板の正体は?

敷き詰められた板の正体は?

これは「アワビの殻」です。

アワビの殻は薄い板状のもの(炭酸カルシウム)がいくつも重なり合ってできています。その数1mmに1000枚以上。これは外から力がかかった時に、板と板がスライドし力を逃がす役割をしています。その為、アワビの殻は車に轢かれてもびくともしません。

ページの先頭へ